腹腔鏡手術について

痛みの少ない腹腔鏡手術

近年、家族の一員としてワンちゃん・ネコちゃんへの手術法が色々と工夫されるようになってきました。 その一つが腹腔鏡による手術です。 従来の開腹手術のようにお腹を大きく切ることなく、皮膚を2~3ヶ所切開(5mm程度)して器具やカメラを 挿入し、テレビモニターでお腹の中を観察しながら行う手術です。 傷がとても小さいため、手術自体の負担が少ないのはもちろん、術後の経過においても痛みが少なく動物の 身体への負担が少ないことが特長です。

腹腔鏡手術のメリット

  • 5mm程度のキズが2〜3ヶ所で手術が可能
  • 術後の痛みが少ない
  • 臓器が空気にふれないため術後癒着が少ない
  • 拡大した術野で安全に手術が可能

腹腔鏡手術のデメリット

  • 高度な技術が必要
  • 特殊な機器、器具が必要になる(医療費が割高になる)

人間では当たり前になっている腹腔鏡下手術ですが、動物病院においても腹腔鏡手術や検査が行われるよう になってきました。腹腔鏡手術を行うには専門機器と高度な技術が必要となるため、一部の動物病院でしか 導入されておりません。当院では腹腔鏡の技術研修を修了した獣医師が施術を担当しています。

腹腔鏡下で行うことができる手術は、「避妊手術(犬・猫)」、「潜在精巣の摘出」、「胃腹壁固定術(胃捻転の 予防手術)」、「膀胱結石摘出術」、「肝生検(その他臓器生検)」などがあります。 今まではお腹を開けなければこのような手術はできず、術後の回復に時間がかかっていました。 しかし、腹腔鏡を使用することで、小さな5mm程度の傷口2~3つほどで検査ができ、当日退院できるほど 手術侵襲を少なくすることができます。腹腔鏡で避妊手術を行うなどの低侵襲手術をご希望の方はお気軽に ご相談ください。

腹腔鏡で行った避妊手術の小さいキズあと
腹腔鏡で行った避妊手術の小さいキズあと
(5mm程度のキズが2~3ヶ所)
腹腔鏡手術装置
腹腔鏡手術装置

よくある質問

  • Q
    実際にどういうものか心配
  • A
    手術の方法や費用など、担当獣医師が事前にしっかりとご説明いたします。退院時に手術中の映像をお見せ しながら説明することも可能です。ご不明な点は遠慮なくお尋ね下さい。
  • Q
    手術は安全でしょうか?
  • A
    腹腔鏡手術は高度な技術が必要なため十分な研修を受けて手術を行っています。 しかし開腹手術に切り替えた方が良いと判断した場合(癒着がひどく腹腔鏡では対処不能など)は、安全性 から腹腔鏡にこだわらず開腹手術に切り替えることもあります。
  • Q
    思ったよりもおなかの毛を大きく刈られてしまった
  • A
    小さな創で済む腹腔鏡手術ですが、確実な手術を行うため毛刈りと消毒は他の手術と同じようにしなければ なりません。また、開腹手術に切り替える可能性を考えて若干広めに毛刈りすることがあります。
  • Q
    退院後、傷がほとんど分からなかった
  • A
    大型犬でも15mm以下程度(ほとんどが5~10mm程度)の小さな創が2~3ヵ所あるだけで、抜糸後の傷跡も ほとんど残りません。
  • Q
    手術が終わった後は・・・?
  • A
    術後の痛みが少ないので、お迎え時には普段と変わらないほど元気に見えます。しかし、術後であることに 変わりありませんので、できるだけ安静にするようお願いします。