神戸市垂水区霞ケ丘の垂水オアシス動物病院は人間と動物の絆を大切にする診療を心がけています。

膝蓋骨脱臼とは?

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨が大腿骨遠位にある滑車溝から内方もしくは外方に脱臼する疾患です。
後ろ肢を痛がって時々挙げている、スキップをしている、そのような場合は膝の関節にある膝蓋骨が脱臼している可能性があります。発生の多くは内方脱臼で、その発生の多くはトイプードルやチワワ、ポメラニアン等の小型犬です。大型犬では外方脱臼の発生が時々みられます。

症状

膝蓋骨脱臼のグレードにより症状は様々ですが、そのほとんどは時々跛行を呈します。
後肢を曲げたまま歩く、スキップ様の歩行をする、後肢を伸ばしてケンケンする等の症状が見られます。グレード4になると、跛行を呈することが多くなります。
グレード1
指で押すと脱臼するが、指を離すと元に戻る。
グレード2
指で押すと容易に脱臼するが指を離しても自然には元に戻らない。
グレード3
普段から脱臼したままで、指で押すと正常な位置に戻せるが、指を離すとすぐ脱臼してしまう。
グレード4
普段から脱臼したままで、指で押しても正常な位置に戻せない。

治療方法

症状に合わせて治療方法を選択していきます。症状が軽度であれば一時的に運動を控え、床材をすべりにくいものにし、関節保護剤や抗炎症薬を投与するなどの内科治療を行います。跛行などの症状があれば膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を行います。ただしグレードが進行しすぎてしまい変形が重度の場合には手術に適さないこともあります。

グレードと手術適応

グレード1では一般的に手術は必要ありません。グレードが高い(グレード2以上)場合、臨床症状が出ている場合は手術を考慮する必要があります。

手術方法

滑車ブロック形造溝術、脛骨粗面転移術、関節包の縫縮術、内側広筋の切離などの手技を病状の程度に合わせて組み合わせて実施します。

合併症

通常グレード3までの膝蓋骨内方脱臼整復手術において合併症はまれですが、再脱臼、固定に用いるピンの破断、感染などが考えられます。

手術前のX線検査画像。膝蓋骨(黄色矢印)が脱臼しています。

手術前のX線検査画像。
膝蓋骨(黄色矢印)が脱臼しています。

膝蓋骨脱臼整復後のX線検査画像。膝蓋骨(黄色矢印)が正常位に整復されました。

膝蓋骨脱臼整復後のX線検査画像。
膝蓋骨(黄色矢印)が正常位に整復されました。

まとめ

犬の膝蓋骨内方脱臼は、とてもよくみられる病気です。当院では整形外科分野の診療に力を入れており診察や手術を行っております。
治療にはいろいろな考え方と方法があります。程度が軽ければ神経の行き届いた飼育管理をしていくか、もしくはグレードや症状が将来的に進行する可能性を考え若い元気な時期に整復手術を受けるのも良いでしょう。
手術をするしないにかかわらず、現状と将来をしっかり考えた上で、治療法を選択する必要があります。当院では分かりやすく、しっかり理解していただけるようインフォームドコンセントを行っています。この病気で悩んでいる方は、どうぞお気軽にご相談下さい。

ペット保険に対応しています。

オアシス便り

オアシス写真集

anicom アニコム損保
ページのトップへ